落とし物として交番に届いた現金をネコババしたとして、神奈川県警は19日、戸部署地域1課巡査渡辺雄大容疑者(24)(神奈川県横須賀市津久井)を業務上横領の疑いで逮捕した。

 発表によると、渡辺容疑者は15日午後、横浜市西区の横浜駅相鉄口交番で勤務中、拾得物の財布から19万円を横領した疑い。

 県警幹部によると、翌16日、同市神奈川区の女性(66)から遺失物届が出て、財布を確認したところ、21万円入っていた財布に2万円しかなく、発覚した。渡辺容疑者は、拾った人と財布の中の確認をせず、拾得物台帳に2万円と記入していた。

 渡辺容疑者は「非常に忙しい交番勤務でストレスがたまり、魔が差した」と供述し、19万円は自宅のタンスに隠していたという。

 県警監察官室の小笠原晃室長は「警察官としての信頼を損なうあるまじき行為で深くおわびする。今後の捜査をふまえ厳しく処分する」としている。

日航、会社更生法を申請=負債2兆円前後、戦後最大-航空業界の転換点に(時事通信)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速-日航再生計画(時事通信)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
腰抜けではない!民主議員が産経コラムに反論(産経新聞)
日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)
AD