部下に暴行したとして、東京消防庁は18日、同庁練馬消防署特別救助隊員の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、火災現場から署に戻った際、防火服の整理を命じた部下の男性消防副士長(33)が別の作業をしていたため、ほおを平手打ちにし、尻などをけった。
 副士長はあごの骨が折れており、現在も治療中という。
 士長は「指示に従わず、腹が立った」と説明。副士長は「別の隊員が既に作業しており、手は足りていると思った」と話している。 

自転車死亡事故の主因、民事で一転 両親の執念実る 大阪地裁(産経新聞)
【政論】民主は良識まで“交代”か(産経新聞)
石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)
特捜部捜索にオフィス街騒然(産経新聞)
水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発-東大など(時事通信)
AD