ハイチ大地震の被災地を訪れていた近衛忠※国際赤十字・赤新月社連盟会長(70)=日本赤十字社社長=が24日、成田国際空港に帰国した。会見で「街中がれきの山で異臭に包まれている。がれきの下にはまだ多くの人が埋まっている」と被害の深刻さを語った。

 近衛会長によると、現地の空港はボランティアスタッフや世界中から届く救援物資でパンク状態にあり、「救援自体が混乱し、さばき切れていない」という。国際支援の強化を目的に13日に日本を出発。被災者が搬送された病院などを回り、各国の赤十字スタッフらを激励した。

 また、ハイチや隣国ドミニカ共和国の大統領と面会し、「復興計画の策定を急がねばならない」と危機感を強めたという。日赤は24日午後、さらに6人の医療スタッフをハイチに派遣した。【斎川瞳】

 ※は火へんに「軍」

総務省、NTT西に業務改善命令 顧客情報を不正提供(産経新聞)
相場操縦容疑、会社役員を再逮捕=数億円の資金提供か-ユニオンHD事件・大阪府警(時事通信)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)
小沢氏に説明促す=首相(時事通信)
アパート全焼 男性遺体発見 東大阪(産経新聞)
AD