「そよ風」ブランドで通所介護施設など展開するメデカジャパンはこのほど、今年5月期の連結業績予想を上方修正した。売上高は270億8000万円の見通しで、昨年10月に修正した270億7000万円から1000万円上方修正。また、営業利益も12億2000万円で、1億8500万円上振れする。同社が通期予想を上方修正するのは今期2度目。事業の「選択と集中」により、介護事業に経営資源を集中したことが奏功した。

 また、同時に発表した昨年6-11月期の連結業績は、売上高135億600万円(前年同期比16.0%減)、営業利益6億7100万円(同83.5%増)だった。
 同社は、臨床検査事業を手掛ける子会社を譲渡したほか、不採算だった温浴事業から撤退するなど、経営資源を介護事業に集中。また新規開設を抑え、サービスの質向上や、既存拠点の稼働率向上などに取り組んできたことが寄与したという。

 同社の小山康文社長は1月21日の決算説明会で、「足場固めが完了しつつある」との認識を示した上で、来期以降は年間数か所の拠点を新規開設する方針を明らかにした。

■通所施設の新プログラムを説明
 また小山社長は、同社が昨年8月から展開している新たなプログラム「そよ風ルネッサ」について説明した。同プログラムは、通所施設に英会話教室やパソコン教室などを導入するもので、小山社長は「利用者が求めるサービスは多種多様」とし、多様化するニーズに応えることが重要と指摘した。


【関連記事】
全般的に業績改善、2ケタ増収企業も-介護上場の4-9月期決算
2ケタの増収増益、有料ホームに注力―メッセージ4-9月期
ツクイ、9.5%増収も費用増で減益-大都市中心の施設展開も
コムスン継承事業黒字に、利益回復に寄与―ジャパンケア4-9月期
ヘルスケア事業好調、黒字に転換―ニチイ学館4-9月期

「本丸」捜査に残る課題=小沢氏事情聴取(時事通信)
各地で犠牲者追悼、ネット中継も=阪神大震災、17日で15年(時事通信)
すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で-前原国交相(時事通信)
近畿で私立中入試始まる 全男子校で3教科受験可能に(産経新聞)
<普天間移設>沖縄知事「県内では辺野古以外ない」(毎日新聞)
AD