東北楽天イーグルス前監督の野村克也氏が24日、自民党大会でゲストとして講演し、「私は『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』と言い続けてきた。勝っては反省はあまりしない。そこに落とし穴があったのではないか」と述べて、長期政権にあぐらをかいてきたことが自民党の「敗因」と解説した。

 そのうえで「恐らくみなさんは(プロ野球の)巨人の心境だったと思うが、上に立てば必ず足を引っ張りにくる人たちがいる。気を引き締めて捲土(けんど)重来、頑張ってください」とエールを送り、会場から盛んな拍手を浴びていた。【木下訓明】

<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
18日朝に閉村を迎え、260人余が「派遣村」退所 就職確保はわずか(産経新聞)
小沢氏、検察と断固闘う=続投を正式表明-民主党大会(時事通信)
AD