2009年度第2次補正予算案は25日の衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決され、雇用保険法改正案など関連2法案とともに参院に送付される。与党は、景気悪化に歯止めを掛けるため早期成立を目指しており、28日の参院本会議での可決、成立に全力を挙げる。
 本会議に先立ち、衆院予算委員会は鳩山由紀夫首相や全閣僚が出席して、締めくくりの総括質疑を行った後、第2次補正予算案を採決。自民、共産両党は反対するが、公明党やみんなの党は賛成する方向で調整を進めている。 

【関連ニュース】
与党、司法の解明見守る=野党は集中審議要求
衆院予算委の詳報
聴取控え募る緊張=逆風緩和を期待
攻めあぐむ自民=経済、菅氏に押される
失言改まらぬ首相=言葉の軽さに「資質」問う声も

SL 「C61形20号機」修復へ 群馬の遊園地で展示(毎日新聞)
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す(産経新聞)
普天間決着「言質ある」…米国務次官補(読売新聞)
ブリキロボットと箱絵の原画展(産経新聞)
雪上の足跡で発覚 体育館など放火未遂容疑の中学生2人逮捕(産経新聞)
AD