自民党の山本有二・元金融相ら6人が19日に政策勉強会「のぞみ」を結成することが18日、明らかになった。

 永住外国人に地方選挙権を付与する法案への反対など、保守色を強める立場から党内で政策提言を行う方針だ。

 古屋圭司(伊吹派)、鴨下一郎(額賀派)、武田良太(山崎派)、古川禎久(無派閥)各衆院議員、衛藤晟一参院議員(伊吹派)が参加する。山本氏は昨年秋、所属する高村派に退会の意向を示し、同派が扱いを保留している。

大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)
<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)
小沢氏に聴取再要請、陸山会4億円で…東京地検(読売新聞)
<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
ビル陰対策が課題=地デジ完全移行まで1年半(時事通信)
AD