岡田克也外相は17日午後、都内のホテルでインドネシアのマルティ、フィリピンのロムロ両外相と相次いで会談し、両国出身の看護師と介護福祉士の日本国内での雇用拡大に向け、難解な漢字が多用されている国家試験の改善を検討する考えを伝えた。
 日本は両国との経済連携協定に基づき、看護師などの研修生を受け入れている。しかし、国家試験では「褥瘡(じょくそう)」=床擦れ=、「仰臥位(ぎょうがい)」=あおむけ=といった日本人でも読みづらい漢字が使われ、意欲のある研修生が不合格になるケースが多い。マルティ外相は会談で、「配慮してほしい」と見直しを要請した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

怒声飛び交うゲーム賭博店の緊迫手入れ(産経新聞)
<八ッ場ダム>千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟(毎日新聞)
小沢氏説明の銀行出金は原資に足らない3億円 聴取応じる意向(産経新聞)
谷垣氏も首相と小沢氏追及へ 自民、集中審議開催要求(産経新聞)
<NTTドコモ>東京などで通信障害  (毎日新聞)
AD