徳島県鳴門市の大塚国際美術館で15日から行われた第59期王将戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、同美術館、大塚ホールディングス協賛、徳島新聞社など後援)は16日午後7時1分、117手で挑戦者の久保利明棋王(34)が羽生善治王将(39)を破った。残り時間は久保4分、羽生2分。第2局は28、29日、栃木県大田原市のホテル花月で行われる。

【関連ニュース】
【棋譜で振り返る】王将戦第1局の全局面
将棋:久保が桂得 羽生反撃 王将戦第1局
将棋:初日から激戦に突入…王将戦・第1局
将棋:久保が三間飛車 王将戦第1局
将棋:王将戦開幕 久保が先手番

<フォーラム>アルコール・薬物依存症克服へ 都内で20日(毎日新聞)
石川容疑者逮捕を批判する会合「不当逮捕という認識で一致した」(産経新聞)
「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)
<小沢氏>聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」(産経新聞)
AD