大寒の20日、八ッ場ダム水没予定地にある群馬県長野原町の川原湯温泉で、恒例の「湯かけ祭り」が行われた。

 約400年前、温泉が突然出なくなり、住民が祈願したところ、再びわき出したのが始まりとされる。

 氷点下4度の冷え込みの中、午前5時から神事を営んだ後、ふんどし姿の若衆たち約60人が紅白に分かれ、「お湯わいた」から転じた「お祝いだあ」とのかけ声とともに勢いよく湯を浴びせ合った。

 ダム建設中止問題への注目から、報道陣や観光客が例年以上に多く詰めかけ、湯しぶきを浴びながら祭りの熱気を見守った。

<足利事件>91年12月20日の県警聴取テープ(毎日新聞)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
徳島でアニメの祭典(産経新聞)
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑(時事通信)
「玻」「鷹」に追加要望多数…常用漢字第2試案(読売新聞)
AD