広島高裁は18日、広島市で05年、小学1年の木下あいりちゃん(当時7歳)を殺害したとして殺人罪などに問われたペルー国籍の無職、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(37)の差し戻し審の初公判が4月8日に決まったと発表した。

 同高裁は08年12月、無期懲役とした1審・広島地裁判決(06年7月)を「審理不十分」として破棄し同地裁に審理を差し戻した。被告が上告し最高裁は09年10月「地裁の訴訟手続きに違法はない」として高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻していた。

石川議員逮捕、なぜこのタイミング? 最大の証拠隠滅「自殺」の恐れ…(産経新聞)
石原知事、派遣村「かなり勝手な人がいる」(産経新聞)
<取り調べ可視化法案>政府・民主、対応苦慮…検察捜査受け(毎日新聞)
内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加-時事世論調査(時事通信)
建設業者の妻刺され死亡=出頭の46歳男逮捕-静岡県警(時事通信)
AD