前の車との距離を詰めて高速道路のETC(自動料金収受システム)をすり抜けたとして、兵庫県警高速道路交通警察隊は18日、道路整備特別措置法違反(不正通行)の疑いで、同県西宮市今津二葉町、運送業吉井守容疑者(55)を逮捕した。同隊によると、この方法は親子が歩く姿に似ていることから「カルガモ走法」と呼ばれているという。
 逮捕容疑は昨年5月28日、ETCを使って大阪府豊中市のインターチェンジ(IC)から軽トラックで名神高速道路に入り、途中でETCカードを抜き、西宮市のICから出る際には大型トラックのすぐ後ろを走行して高速料金450円を免れた疑い。
 同隊などによると、「経費節減のためにやった」と容疑を認めており、2008年4月から名神高速や阪神高速で、同様の不正を460回繰り返していた疑いがあるという。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
高速道路にサバ14トン散乱=トレーラーの積荷が落下
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意
東北道で27台絡む多重事故=吹雪影響か、5人軽傷

首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
石原知事、外国人参政権「危ない試み。発想おかしい」(産経新聞)
<不起立教員>「神奈川県教委は氏名収集停止を」 審査会(毎日新聞)
大分みらい信金職員、4億円着服=パチンコや借金返済に、懲戒解雇(時事通信)
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕-大阪府警(時事通信)
AD