インターネットでの注文で、借りたいDVDやCDが自宅に届く「宅配ビデオレンタルサービス」に関する苦情が増加しているとして、国民生活センターは20日、注意を呼びかけた。

 京都府の無職男性(60代)は、「無料でお試し」とうたう宅配DVDレンタルサービスに会員登録をした。レンタルは1度もしなかったが、数か月後、クレジットカード決済で月額利用料を引き落とされていることに気付いた。知らないうちに有料会員となっていた。

 業者は無料や試用期間を設定しているが、それを過ぎると自動的に有料サービスに移行し、その後は利用の有無に関係なく、月会費がかかるものが多い。ただ、この説明を小さな文字で記載するなど、わかりにくい表記のため、消費者に誤解を与えているという。

 このサービスで「無料」や「お試し」に関して寄せられた苦情は2005年4月~09年12月に141件。このうち、09年4~12月だけで71件と半数を占めた。

阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)
外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)
AD