名古屋市のフィギュアスケートクラブで指導していた女子中学生に乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷罪に問われた「日本フィギュアスケーティングインストラクター協会」元理事、酒井康資被告(58)の判決で、名古屋地裁(佐々木一夫裁判長)は21日、懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 検察側は「コーチの立場を利用した悪質な犯行で、被害者の肉体的、精神的苦痛は大きい」と指摘。弁護側は「被告はみだらな行為はしたが、合意によるもの」と無罪を主張していた。

 判決によると、酒井被告は平成20年4月11日未明、名古屋市瑞穂区の自宅で、スケート指導のため宿泊させていた当時13歳の女子中学生の首を両手で絞め、「大きい声を出したらスケートをやめさせるぞ」と脅して乱暴し、1週間のけがをさせたとしている。

死の「度胸試し」9階手すりから高1転落(読売新聞)
「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)
<花粉>2月上旬~中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
<三寺まいり>冬の情緒楽しんで…岐阜・飛騨の縁結び行事(毎日新聞)
<普天間移設>平野官房長官「5月は政府起案の期限」(毎日新聞)
AD