フワフワとした白い毛皮に、「メー」と鳴く姿が愛らしい。昨年11月に京都市動物園(左京区)に新たに仲間入りしたヒツジの「にっき」と「まっちゃ」。追いかけっこをしながら仲良く遊ぶ2頭の姿に、来園者からは「かわいい」との声があがる。

 にっき(1歳、31キロ)とまっちゃ(11カ月、38キロ)はともにメスで、奈良の牧場で誕生した。生まれたときから大の仲良し。人なつっこいにっきが、少し引っ込み思案のまっちゃをサポートするという間柄。来園者が動物と触れあえる「おとぎの国」で暮らしている。

 厚い毛皮をまとったヒツジは気温0度でも平気といい、来園者らが寒さに洋服の襟をたてる中でも頭をぶつけ合ったり、じゃれあったり。飼育担当者は「まだ来たばかりで人に慣れていないが、多くの人に愛されるようになってほしい」と温かく見守っている。

【関連記事】
いしかわ動物園がトキのライブ映像公開
札幌・円山動物園のフクロギツネ「かあさん」死ぬ
野生のトラ絶滅危機 100年で10万頭→4000頭に
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
目玉の“万博パンダ”が上海へ 四川省から空輸

<バイアグラ>模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
<訃報>高野耕一さん85歳=元東京高裁部総括判事(毎日新聞)
龍馬ゆかりの鞆の浦 海援隊知らしめた沈没事件 (産経新聞)
山本有二氏らが政策グループ発足へ(産経新聞)
バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)
AD