自民党は19日、18日に民主党2回生議員が開いた東京地検の捜査を批判する会合に一部政務官が出席したことを通常国会で追及していく方針を決めた。

 川崎二郎国対委員長は19日夕、「内閣の一員が検察批判することに違和感がある。鳩山由紀夫首相の『戦ってください』発言で(検察批判は)民主党公認だと思っているのだろうが、とても中立とは思えない」と批判。逮捕された石川知裕衆院議員についても「無罪を訴えるならば離党して中立的立場に置くべきだ」と述べた。

【関連記事】
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏
首相の「検察批判」 不適切であり撤回求める
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺
鳩山首相「戦ってください」発言に批判集中
全面戦争だ! 小沢氏続投に異論なし

震災から15年 中3アンケート ほんの少しの偶然で、私は今、生きている(産経新聞)
出納責任者に懲役1年6月求刑=民主後藤氏陣営の選挙違反事件-熊本地裁(時事通信)
<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)
郷土の偉人、学べない? 吉田松陰、米内光政…一部教員クレーム(産経新聞)
診療報酬改定率受け、「財務省が非常に強い」-全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
AD