株取引での高配当をかたり、多額の資金を集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)罪に問われた大阪府泉佐野市の主婦、岩田矩子(ともこ)被告(55)の論告求刑公判が21日、大阪地裁(出口博章裁判官)であった。検察側は「被害は甚大で出資者の処罰感情も厳しい」として、懲役3年、罰金200万円を求刑した。

 一方、弁護側は「出資者に迷惑をかけようと預かったわけではない」と情状酌量を求め、結審した。判決は2月15日。

【関連記事】
女相場師初公判 起訴事実認める
失跡の「主婦相場師」夫も出資法違反容疑で逮捕 大阪市内の病院で
泉佐野の女トレーダーを出資法違反罪で起訴
貸倉庫からパソコン見つかる 大阪・女相場師の出資法違反事件 
【衝撃事件の核心】関西一の女相場師逮捕 何もかも周到に準備?

センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
「つくる会」藤岡会長の上告棄却(産経新聞)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
携帯ストラップ 回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出(毎日新聞)
日航と全日空、国際線統合も=3年以内に見極め-前原国交相(時事通信)
AD