愛知県西尾市の勝山寺で、節分の縁起物のくま手作りが最盛期を迎えている。「福をかき集め、幸せをつかんでほしい」との願いを込め、31日の節分会で、3500~1万円で販売する。

 長さと幅各50センチの竹に、扇を広げる。中央に家内安全や商売繁盛を願うおかめの面か、厄払いのてんぐの面のどちらかをつける。周りにタイや千両箱、サイコロ、当たり矢、太鼓などの飾りをつけ、約3000本作る。

 寺のくま手作りは、約300年前から続いている。【中村宰和】

【関連ニュース】
赤鬼:4メートル、仁王門前に登場--揖斐川・華厳寺 /岐阜
経済ファイル:全国のイオングループ各店で「恵方巻き」予約受付中 /中国
まちかど:三島市・節分の厄よけ豆袋詰め /静岡
福升作り:成田山新勝寺で始まる 来月3日「節分会」 /千葉
けいざい・しずおか:恵方から福を ホテルアソシア静岡、節分メニュー /静岡

「全面的に闘っていきたい」民主党大会で小沢氏(読売新聞)
就職内定、大卒73%、高卒68%=悪化幅は過去最大-昨年11月末時点(時事通信)
「ガンブラー」被害拡大 OSを常に最新の状態に ユーザーも自己管理必要(産経新聞)
<警察庁>若い女性の防犯対策、不動産業界に呼びかけ(毎日新聞)
壮観! 陸自ヘリ団がアクアライン上空で編隊飛行(産経新聞)
AD