国際医療救援団体「AMDA」(本部・岡山市)の菅波茂代表(63)と朴範子医師(38)は20日、ハイチ大地震の被災者支援のため出発した。関西空港からドミニカ共和国の首都・サントドミンゴを経て被災地入りする予定。

 15日に出発した先発チームは首都・ポルトープランスから約60キロ北のサンマルクで、カナダの民間団体や現地NGOと救援活動を始めている。菅波代表は「サンマルクに残っている病院施設での手術と、ドミニカとの国境地帯での巡回診療が中心になると思う」と話した。

 義援金は郵便振替(口座番号01250・2・40709、口座名「特定非営利活動法人アムダ」、通信欄に「ハイチ地震」と記入)で受け付ける。【椋田佳代】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:NGO「ハイチの会」ら募金活動 名古屋
ハイチ大地震:被災者救援で「外交戦」展開 米国や中国
ハイチ大地震:JICA医療チームが到着 本格救援開始へ
ハイチ大地震:米原子力空母が到着 救援本格化
ハイチ大地震:仏、支援の国際会議開催へ 米などと共同で

センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)
阪神大震災 命の重み受け止めた生徒たち(産経新聞)
<政教分離>「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
AD