菅直人副総理・財務相は18日午前の記者会見で、政府・民主党が検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、「地方については投票権を認めていいのではないかともともと思っている」と述べ、賛成する考えを示した。ただ、通常国会での法案提出については「内閣と民主党、連立政権の他党との相談の中で扱いは決めていくことになる」と語った。同法案には国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対し、法案の通常国会提出には他の閣僚からも慎重な意見が相次いでいる。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
菅財務相 特会・独法見直しで予算組み替え12日から着手
菅副総理「JAL支援 政府内議論まとめる」  
菅副総理「日米関係が最重要」
菅副総理も陳謝 マニフェスト破りで「約束守れなかった」

<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
口座から出金3億円=小沢氏「土地購入に充当」-1億円不足、真偽を捜査・東京地検(時事通信)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
AD