奈良市で2004年11月、富雄北小学校1年有山楓ちゃん=当時(7)=が誘拐、殺害された事件で、地元の富雄地区自治連合会は21日、楓ちゃんを追悼する鎮魂曲が完成したと発表した。23日に同地区で開かれる子どもの安全を考えるフォーラムで、同校出身の詩人が作った楓ちゃんの詩を朗読する際、バックで演奏される。
 琴とバイオリンによる重奏曲で、曲名は「レクイエム楓の風」。同連合会会長の安達孝雄さん(76)が「事件のことを知らない人も増えてきた。風化させたくない」と同県三郷町の琴奏者に作曲を依頼し、今月18日に完成した。詩は「かえで」という題名で、事件直後の04年12月に同校に寄贈され、現在も校内に張り出されている。 

【関連ニュース】
指紋の鑑定書を証拠請求=「線の数合致せず別人」
指紋「被告と不一致」=弁護側鑑定
「悲しみ全く変わらず」=千葉女児殺害から1年、母が手記
勝木被告、無罪主張へ=「自白は誘導、犯人でない」

交差点に重傷女性、トラックで何度もひく?(読売新聞)
法制局長官に梶田氏(産経新聞)
久保が先勝=将棋王将戦(時事通信)
防犯カメラ立証不十分、窃盗容疑の店員無罪(読売新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
AD