公明党の山口那津男代表は20日の記者会見で、民主党内に、容疑者取り調べの過程を録音・録画して可視化する法案を今国会に提出する動きがあることについて「冷静に話し合っていくべきだ。捜査の現場の実態を認識し、影響、費用対効果をよく検討する必要がある」と述べ、慎重な考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

市役所に迷惑メール20万通、兄弟を逮捕(読売新聞)
司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)
党は冷静対応を=小沢氏団体事件、検察批判に-首相(時事通信)
捜索で議員会館から段ボール40箱=鹿島本社、小沢氏事務所も-東京地検(時事通信)
ロープウエー地上30m宙づり、整備の2人乗せ(読売新聞)
AD