日本新聞協会は「HAPPY NEWS 2009」と題し、幸せな気分になった新聞記事とその理由をまとめた作文を募集している。09年4月以降に掲載された記事が対象で、大賞には30万円相当の副賞を贈る。

 応募は新聞記事の切り抜きを同封のうえ▽掲載日、掲載紙名、朝・夕刊の別▽HAPPYになった理由(400字以内)▽郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業(学校・学年)、電話番号を記入し〒100-8543(住所不要)日本新聞協会「HAPPY NEWS」係へ。締め切りは2月20日(当日消印有効)。同協会のウェブサイト(http://www.readme‐press.com)からも応募できる。問い合わせは同係(03・3591・4407)。

【関連ニュース】
報道写真展:両陛下が初鑑賞 東京・日本橋三越
毎日新聞:「新時代の新聞追求」 3者補完し紙面で特色
授業で新聞:職員室から意識改革
毎日新聞社、編集部門3年連続の受賞 石綿被害、一連の報道で
ニュース交差点:教育 小中図書館に新聞3割

民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず(産経新聞)
外国人参政権、議員立法が適切=千葉法相(時事通信)
将棋 初日から激戦に突入…王将戦・第1局(毎日新聞)
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」(産経新聞)
西新橋で早朝火災、11棟焼く(読売新聞)
AD