長妻昭厚生労働相は15日、グラクソ・スミスクライン(英国)とノバルティス(スイス)が製造した新型インフルエンザワクチン計9900万回分について、国内販売を承認すると発表した。

 同日の薬事・食品衛生審議会薬事分科会が「健康危機管理上の観点から、承認して差し支えない」と答申したのを受け、政務三役会議で決定した。20日に承認手続きが取られる。

 ワクチンの確保量は、約5400万人分の国産と合わせ全国民分を超えるが、長妻氏は輸入量の削減について、今後の接種状況を見ながら備蓄などを検討する姿勢を示した。また、国産ワクチンの一部が優先接種対象者以外にも回せることから、都道府県の判断で2月中旬と見込まれる輸入ワクチンの供給前に、健康な19~64歳への接種開始を認めることを明らかにした。【清水健二】

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン接種後に呼吸困難や血圧低下46件
新型インフル:ワクチン80人分盗難 京都の病院
新型インフル:ワクチンの公費負担を検討 厚労省
新型インフル:余剰ワクチン寄付…WHO呼びかけ
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認

<裁判員候補者>聴覚障害者に手話通訳者手配せず 高知地裁(毎日新聞)
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 (産経新聞)
開業医の再診料引き下げ盛らず 診療報酬改定骨子案(産経新聞)
足利再審で22日再生された録音の抜粋<1>(読売新聞)
右車輪出ないまま着陸=羽田空港(時事通信)
AD