18日午前8時45分ごろ、大分県別府市の大分自動車道下り線・別府インターチェンジ(IC)付近で、貨物トレーラーが走行中に荷崩れを起こし、積んでいた箱(幅、奥行き、高さ各1.5メートル)14個が片側2車線の路上に落下、中の生サバが一面に散乱した。トレーラーはその後、前方を走っていたトラックに追突したが、けが人などはいなかった。

 県警高速隊などによると、荷崩れの原因は、トレーラーの運転手が前方の道路わきで工事をしていたのに気付き、急ハンドルを切ったためらしい。

 大分道の湯布院-別府間などが一時通行止めとなり、業者らがサバを回収した。【梅山崇】

【関連ニュース】
<大分といえば関サバ>これはうまそうな駅弁だ…「豊後さば寿司」を紹介
<レシピ>食卓の一品:サバとミズナの加減酢
<駅弁季語>焼き鯖高菜巻
<新・郷土料理>八戸前沖銀鯖カレー:生臭さ消し、サバの味生かす
<郷土料理百選>福井県 さばのへしこ

陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
ハイチに500万ドル緊急支援=政府(時事通信)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
普天間決着「言質ある」…米国務次官補(読売新聞)
少女を脅迫容疑、龍谷大生逮捕…放火でも追及(読売新聞)
AD