原口総務相は18日、小沢民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件に絡み、「非常に分かりにくい法律を、誰が見ても分かるようにし、議員の政治活動の自由をしっかりと担保できるようにすべきだ。必要な論点整理をしたい」と述べた。

 総務省として、与野党から同法を通常国会で改正すべきだとの声が相次いでいることに関し、議員立法での改正の手助けとなるよう、複雑な法規制のあり方を中心に問題点を整理する考えを示したものだ。国会内で記者団に答えた。

 原口氏は同法の現状について「よく『ザル法』と言われるが、どこでひっかかるか分からないということを意味するという話を聞く」と指摘した。

民主党が“検察リーク”対策チームを立ち上げ(産経新聞)
「25%減」を明記=地球温暖化対策基本法案-環境省(時事通信)
小沢氏、大阪の料亭を訪問 報道陣殺到もだんまり(産経新聞)
名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)
外国人参政権、議員立法が適切=千葉法相(時事通信)
AD