公明党の山口那津男代表は16日午後、小沢一郎民主党幹事長が続投の意向を示したことについて、都内で記者団に「幹事長続投ということは、今回の事件の推移とは反対の方向だ。より一層の説明責任、政党としての自浄能力の発揮が求められる」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分-地理院(時事通信)
小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判(スポーツ報知)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)
<名護市長選>新人、現職の争いに 普天間争点、与野党対決(毎日新聞)
AD