日本ベーリンガーインゲルハイムは1月20日、パーキンソン病治療薬ビ・シフロールがレストレスレッグス症候群(RLS、むずむず脚症候群)の追加適応症を取得したと発表した。RLSの適応症を取得した医薬品は国内初。

 RLSは、脚の内部に異常感覚が起こり、脚を動かしたいという強い欲求が生じる神経疾患。日本人の有病率は2-5%で、このうち日常生活に支障を来している重症患者は200万人に上るという。また、眠れずに困っている人の約10%はRLSが原因という。

 症状は「むずむずする」「虫がはっている」「ピクピクする」「ほてる」「かゆい」などさまざまで、多くがRLSであることが分からずに苦しんでいるのが実情だ。


【関連記事】
アステラスがむずむず脚症候群治療剤を承認申請―潜在患者390万人
国内初のむずむず脚症候群治療薬を承認へ―厚労省
「肺の生活習慣病」受診率は1割未満
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング

<党首討論>補正予算の月内成立条件に開催 3与党が打診へ(毎日新聞)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
<文科省>小中学校の40人学級見直しへ 30年ぶり(毎日新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
<通常国会>18日から150日間 「政治とカネ」野党追及(毎日新聞)
AD