高配当や元本保証をうたって無登録で投資ファンドの出資を募ったとして、警視庁は20日、東京都港区赤坂の有価証券売買会社「ベストパートナー」=神崎勝社長(64)=の本社や関係個所計4か所を金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで捜索した。

 同庁では、全国から数億円以上集めている可能性があるとみて調べている。

 同庁幹部によると、同社は2008年6~8月頃、「元本保証のうえで年利4~10%の配当がある」などと横浜市の40歳代の会社員男性ら3人を勧誘、それぞれ100万~500万円を振り込ませ、無登録で出資させた疑いがもたれている。

 同社は2004年頃から営業を開始。不特定の人に電話をかけ、「穀物や金、ガソリンなどに分散投資して安定した収益をあげる」などと勧誘していた。

 しかし、07年5月頃から、顧客から「元本が戻って来ない」「配当がない」などの相談が同庁に寄せられていたという。

「雷ガード」発火トラブル、152万個リコール(読売新聞)
名護市長選 新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)
<陸山会土地購入>引き出しは3億円 石川議員供述と差(毎日新聞)
石川容疑者らの拘置決定=東京地裁(時事通信)
<鳩山首相>「小沢氏聴取判断、ご自身で」(毎日新聞)
AD