前橋市の赤城山にある大沼(標高約1340メートル)で18日、冬の風物詩となっているワカサギの氷上穴釣りが解禁となり、約450人の釣り人たちがワカサギとの真剣勝負を楽しんだ。

 赤城大沼漁業協同組合によると、今季は寒波や強風の影響で水面に波が立ち、氷がうまく張らなかったため例年より1週間ほど遅い解禁。氷の厚さ不足のため一部が立ち入り禁止になっているが、約8割の区域で釣りができるという。

 群馬県安中市の調理師、小林憲弘さん(30)は「ワカサギ釣りは釣り人にとって、冬のお祭り。釣った分はフライにして、おいしくいただきます」と話していた。

「国際貢献に努力」=部隊指揮官、北沢防衛相に-インド洋給油(時事通信)
くまキャラ 心に癒やし グッズ売り上げ好調…寂しい世相反映?(産経新聞)
都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
<JOC>東京五輪招致委の一部費用負担へ 赤字決算を受け(毎日新聞)
AD