山梨県上野原市の江口英雄市長に対し、現金100万円を供与しようとしたとして、山梨県警と警視庁は14日、贈賄申し込み容疑で、土木工事・清掃会社「東京サービス」社長小鷹正利容疑者(64)=同市新田=と、同社相談役萩原剛容疑者(59)=同県大月市猿橋町猿橋=を逮捕した。
 県警などによると、2人は容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、両容疑者は共謀の上、昨年4月中旬、上野原市長室で、江口市長に対し、同年度事業として同社に発注が予定されていた十数件の業務請負委託契約に関し、有利な取り計らいを受けたい趣旨で、現金100万円を供与する申し込みをした疑い。
 県警などによると、小鷹容疑者らはごみ焼却施設運転管理業務などを随意契約できるように同市長に依頼。現金を祝儀袋に入れて手渡したが、市長は翌日、郵送で返却したという。 

【関連ニュース】
守屋元次官、二審も実刑=「行政の信頼損なう」
統括審査官らを送検=東京入管汚職
贈賄側業者に調査予定通知=審査官、直後に飲食接待も
審査官「受理してくれ」=贈賄側申請で部下に指示

ハイチ大地震 緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)
菅家さんテープ、報道機関に複製配布へ(読売新聞)
<人事>外務省(毎日新聞)
衆院代表質問 政治資金問題で大島氏「自浄能力問われる」(産経新聞)
<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)
AD