岩手県宮古市は19日、田老(たろう)川河口に現れたオットセイの「タロちゃん」を約6時間かけ、宮城県松島町の「マリンピア松島水族館」に運んだ。

 タロちゃんは群れからはぐれたキタオットセイの赤ちゃんとみられ、体重約10キロ、体長約60センチ。15日に河口で見つかり、かわいらしい姿と人懐っこい仕草ですっかり地元のアイドルになっていたが、衰弱が目立ち始めていた。

 水族館の診断は「少しやせているが、餌を食べれば大丈夫」。放流を避け、しばらく水槽で静養する。「漂流する政界」とは違い、安息の地を得たタロちゃんに関係者はひと安心。【渡辺豊】

【関連ニュース】
雑記帳:水槽内は“寅”でいっぱい 宮城・松島の水族館

【剛腕の威光 小沢氏側近逮捕】(2)「ただの召し使い」(産経新聞)
「つくる会」藤岡会長の上告棄却(産経新聞)
<原爆症認定>長妻厚労相、法改正で緩和へ(毎日新聞)
港区医師会が新政治団体を設立(産経新聞)
<火災>住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
AD