三重県鈴鹿市で昨年3月、日本通運の現金輸送車が襲われ、2億1000万円が奪われた事件で、強盗ほう助罪に問われた元日通社員伊藤良樹被告(37)の判決公判が18日、津地裁であり、村田健二裁判長は「輸送車情報を提供した刑事責任は重大だが、中身は消極的だった」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 起訴状などによると、伊藤被告は昨年3月上旬から同17日までの間、元暴力団組員鳥山征児被告(36)=強盗罪などで起訴=に数回にわたって、現金輸送車の停止場所や現金入りかばんの色などを教えたという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
郵便局で500万奪われる=男が局員に刃物
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警
千葉県警警部、フィギュア万引き=現行犯で逮捕
「待ち伏せし暗証番号聞いた」=ATMの男が供述

北海道で震度3(時事通信)
インフル定点9.18、3か月ぶり注意報レベル下回る(医療介護CBニュース)
市有地の無償提供は違憲=神社敷地で使用-最高裁(時事通信)
海自部隊に15日撤収命令=インド洋給油、新テロ特措法期限で(時事通信)
<千葉大生殺害>「放火し窓から逃げた」ATMの男供述(毎日新聞)
AD