著作物の利用を著作権者の許可なく認める範囲を定める一般規定「日本版フェアユース」の導入について検討している文化審議会法制問題小委員会に対し、日本新聞協会や日本雑誌協会など6団体は20日、導入に反対する意見書を提出した。
 意見書は、新聞社などが無償でインターネットに公開しているウェブページの情報について、フェアユースが導入され、私的使用の範囲を超えて印刷することなどが可能になると、新聞社などは情報を絞り込んで提供するようになり、有用で貴重な情報が無料ページから消えていく恐れがあると指摘。ネットによる情報伝達文化の衰退につながるなどとしている。 

【関連ニュース】
「真実の言葉と文字を紡ぐ」=新聞大会が開幕
政治報道で討論会=来月21日、東京で
新聞は 地球の今が 見える窓=新聞週間標語を決定

小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
<男性不明>古井戸の底から遺体 栃木の小学校跡地(毎日新聞)
スカイネットアジア機 車輪トラブル 手動で出し羽田着陸(毎日新聞)
<石破政調会長>「あるまじきこと」小沢幹事長を批判(毎日新聞)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)
AD