民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏の元私設秘書で民主党衆院議員の石川知裕容疑者が逮捕されたことで、政治の局面が急変した1週間だった。

 1月9日、民主党の山岡賢次国対委員長は鳥取県米子市で開かれた新年会で、こう言っていた。

 「時代の流れなので、今、多少のぎくしゃくしたところがあっても、民主党政権は30年は続くと思っている」

 ところが13日になって、「30年は続く」はずの民主党に激震が走った。東京地検特捜部が陸山会や小沢氏の個人事務所、大手ゼネコン「鹿島」本社などの一斉家宅捜索に踏み切ったのだ。さらに、翌14日に自民党が開いた勉強会で、石川容疑者の元秘書で不動産会社経営の金沢敬氏が爆弾発言。小沢氏の公設第1秘書の大久保隆規容疑者が逮捕された昨年3月3日に、石川容疑者から金沢氏に電話があり、「(小沢氏から)何かまずいものがあれば隠せと言われた。準備しておいてくれ」と頼まれたというのだ。要するに小沢氏から指示で石川容疑者が西松建設事件に関する証拠隠滅を図ったと証言したわけだ。石川事務所や関係者はこの証言を否定したが、もし証言が事実なら大事件である。

 一方、この日、鳩山由紀夫首相は地球温暖化防止キャンペーンのイベントに出席して、こんなひと言を残した。

「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい自然に戻るんだという思いも分かる」

 鳩山首相が、そんなほのぼのとしたイベントに出た翌15日、自民党の谷垣禎一総裁は、民主党を徹底批判した。

 「民主党は『コンクリートから人へ』を標榜(ひょうぼう)していた。今回の事態を見ると、『コンクリートから小沢さんへ』だったのでないか」

 そうこうするうちにこの夜、事件はついに東京地検による石川容疑者逮捕にまで発展した。

 翌16日、小沢氏は首相公邸を訪ねて、鳩山首相と会談。「幹事長を辞めるつもりはない」と話す小沢氏に対して、鳩山首相がかけた言葉は…。

「私も小沢幹事長を信じています。どうぞ戦ってください」

 鳩山首相と小沢氏による検察に対する戦闘宣言だった。

                            (五嶋清)

◇…先週の永田町語録…◇ 

(12日)

 ▽国民への説明と別

 鳩山由紀夫首相 国民の皆さんに説明が不十分か十分かという話とは別に、捜査に影響を与えてはいけないというのがある。(「捜査中」を理由に土地購入問題の説明を避けた小沢一郎民主党幹事長について記者団に)

 ▽自民党時代と同じ

 大島理森自民党幹事長 政権運営に非常に強い影響力を持ち、(与党側から)内閣を動かす手法は自民党時代と変わっていない。(小沢氏の政治手法の変化について記者会見で)

(13日)

 ▽原点に返って

 鳩山由紀夫首相 まさに原点に返って、国民の皆さんの思いを実現するために全力を挙げることだと思っている。(自身と小沢一郎民主党幹事長の政治資金問題を受けた有権者への対応に関し記者団に)

 ▽同一目標

 川崎二郎自民党国対委員長 自公連立ではないが、野党として組めるところは組む。参院選で民主党の議席を減らすことは同一目標だ。(公明党との連携について記者団に)

(14日)

 ▽暮らしをダイエット

 鳩山由紀夫首相 暮らし全体のダイエットをきょうから始めよう。外から見ても魅力的な人間、住まいに変えていくダイエットを始めよう。(温室効果ガス削減に向け国民的な運動を呼び掛けたイベントのあいさつで)

 ▽勝ったら許される?

 石破茂自民党政調会長 理解してくれたから衆院選に勝てたと言うなら、勝てば法に抵触しても許されると聞こえる。(土地購入問題をめぐる小沢一郎民主党幹事長の釈明に関し記者会見で)

【関連記事】
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」
民主党大会会場周辺でデモ「小沢氏は政界追放」 

<別府市火災>行方不明の男性 別府駅ビルで発見 事情聴く(毎日新聞)
政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
小沢氏の信託銀行口座から3億円…98年頃(読売新聞)
大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)
駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)
AD