鳥取県米子市と日吉津村を放送エリアとするコミュニティーFM局「DARAZ(ダラズ) FM」が6月に開局する。民間出資会社の「DARAZコミュニティ放送」が運営する。山陰では鳥取市、島根県出雲市に次いで3局目の地域FM局。市民参加型の情報番組をメーンに、災害時の緊急情報などを発信する。

 24時間放送で約50%を自社制作し、残りは「FM802」(大阪市)から提供を受ける。自主制作番組の大半を生放送とし、地元で活躍するミュージシャンの生演奏や、境港市の水木しげるロードの観光情報、サッカーJFLの「ガイナーレ鳥取」を取り上げる番組などを予定。文化、ボランティア団体には無料で番組枠を提供する。

 同社は、米子市でまちづくり活動を続けているNPO「喜八プロジェクト」の呼びかけで設立。「DARAZ」とは突拍子もないことをしでかす人間を表す米子の方言。中心市街地の活気を再び取り戻そうという願いを込めたという。

 冨田寛社長は「ラジオを通じて地域に埋もれている情報を掘り起こし、地元を活性化させたい」と話している。

【関連記事】
ブラジル人向けFM放送局が破産 名古屋
主婦や学生もDJ参加するFM局 滋賀・草津
若い世代も政治参加を! 龍谷大生らのラジオ番組スタート
NYタイムズ、傘下FM局を売却
入院患者向け番組開始 兵庫のコミュニティーFM

デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説-菅財務相(時事通信)
<自動車総連>賃金カーブを維持 春闘方針決める(毎日新聞)
<陸山会土地購入>「小沢氏に調達相談」 石川議員供述(毎日新聞)
ひたすら「適正処理」 言い逃れ繰り返す小沢氏 土地取引疑惑も強気崩さず (産経新聞)
「医療はこうあるべき」と決め付けずに(医療介護CBニュース)
AD