米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が最大の争点となる同県名護市長選が17日告示され、いずれも無所属で、新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社大推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=の2人が立候補を届け出た。名護市辺野古沿岸部に移設する現行計画の是非が争点の市長選は4回目で、これまでは容認派が勝利。容認姿勢の島袋氏に反対派の稲嶺氏が挑む構図で接戦が見込まれる。結果は5月までの移設先決定を目指す鳩山内閣の判断に影響を与えそうだ。24日に投票、即日開票される。

 【関連記事】
普天間飛行場 宜野湾市 名護市 を調べる

山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社代表ら2人逮捕-現金百万円返す・警視庁(時事通信)
引火相次ぐ酸素濃縮装置、厚労省が注意喚起(読売新聞)
小沢幹事長、首相公邸に入る 進退問題を協議か(産経新聞)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
小沢氏進退、世論見守る=渡部氏(時事通信)
AD