時事通信社が8~11日に実施した1月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は前月比0.3ポイント増の47.1%とほぼ横ばいだった。一方、不支持率は同2.1ポイント増の32.4%と、3カ月連続で上昇した。不支持が増えたのは、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件や、藤井裕久前財務相が通常国会を前に突然辞任した問題などが影響したとみられる。
 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で行った。有効回収率は67.1%。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)
<NHK>放送センター建て替えを検討 業務拡大で手狭に(毎日新聞)
長男に懲役4年6月=母親に暴行、傷害致死罪-新潟地裁(時事通信)
新型インフルワクチンを65歳以上への接種開始(産経新聞)
<雑記帳>絵馬を同封した「合格マスク」が大人気(毎日新聞)
AD