民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、金沢市内で記者団に対し、東京地検が小沢一郎幹事長の資金管理団体の事務所などを家宅捜索したことに関し、「必要があれば(辞任するように)言うが、今のところそういう段階ではない。無実だということであれば、国民の皆さんに説明責任を尽くしてもらいたい」と述べ、現時点では同氏が幹事長を辞任する必要はないとの見方を示した。
 一方、渡部氏はこれに先立ち、同市内で講演し、永住外国人に地方参政権を付与する法案の取り扱いについて「政府提出にすると、自民党は反対し、民主党は賛成するが、そういう性質のものではない」と述べ、政府提出法案ではなく議員立法が望ましいとの考えを表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

小沢氏聴取、できるだけ早くと首相(読売新聞)
【中医協】DPC新係数、「チーム医療」は来年度の導入見送りへ(医療介護CBニュース)
東京メトロ有楽町線で運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
高見順賞に岡井、岸田両氏(産経新聞)
AD