千葉県松戸市で昨年10月、マンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害された事件で、荻野さんのカードで現金を下ろしたことを認めている、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(48)が、「荻野さんともみ合いになり、刺した」と話し、供述通りの場所から包丁が発見されていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は昨年10月21日、荻野さん方に侵入し、荻野さんのキャッシュカードを奪って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出したことを認めた上で、「もみ合いになり、刺してしまった」などと供述したという。包丁は供述通り、現場近くの千葉大学園芸学部付近で発見された。

 荻野さん方は翌22日午後8時過ぎに出火し、焼け跡から荻野さんの遺体が発見された。捜査本部では、竪山容疑者の供述と、発見時の荻野さんの遺体の状況に矛盾がないか慎重に捜査したうえで、荻野さん方の放火にも竪山容疑者が関与している可能性があるとみて追及する。

 竪山容疑者は同県佐倉市の女性2人への強盗致傷容疑などで、今月6日に再逮捕されている。逮捕は3度目。

【関連記事】
ATM男、別の強盗致傷容疑で男を送検 千葉大女子学生放火殺人
千葉大女子学生殺人 ATMの男、犯行時には手袋を使用か
千葉大女子学生殺人、室内に衣服を燃やした跡 証拠隠滅か
千葉大生殺害、警察が狙いを定めた48歳男は何を知る? 
千葉大生放火殺人 なぜ殺害現場に戻らなければならなかったのか

「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
看護職員の確保・定着に積極的取り組みを-医政局(医療介護CBニュース)
<寒気>東海地方も雪景色 岐阜で積雪8センチ(毎日新聞)
阪神大震災後の啓発、防災意識底上げ 産経・群馬大が調査(産経新聞)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
AD