19日午後0時15分ごろ、大阪府岸和田市作才町のJR阪和線で、遮断棒が上がったままの東岸和田北二踏切を上下計2本の列車が通過した。反対側の遮断棒は下りており、けが人や列車運行への影響はなかった。

 JR西日本によると、遮断棒が上がったままだったのは約1分間。上がった状態の遮断棒の下側と地面の数センチのすき間に何らかの理由で石などがはさまった可能性があるという。通行人の男性が発見してJR西に通報し、約1時間後に係員が現場に行った時には通常に戻っていたという。【広沢まゆみ】

【関連ニュース】
踏切事故:快速電車に車衝突 女性死亡 奈良
天六阪急ビル:また一つ、寂しさ 駅ビルのモデル、解体へ--大阪
鉄道事故:車椅子の男性、はねられ死亡--堺の阪和線踏切
特集:平城満開1300年の宴
鉄道事故:回送電車に接触、20代男性が死亡--神戸の阪神

<センター試験>インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ(毎日新聞)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサル料脱税(産経新聞)
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」(産経新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り-日航更生法申請(時事通信)
AD