厚生労働省と文部科学省は14日、今春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)が73・1%で、前年同期を7・4ポイント下回ったと発表した。

 2年連続で前年同期を下回り、1996年の調査開始以来、下げ幅は最大。依然として就職状況が厳しいことが浮き彫りになった。

 内定率は男子73・0%(前年同期比7・4ポイント減)、女子73・2%(同7・3ポイント減)。地区別では、中部が69・7%(同15・4ポイント減)、中国・四国が67・4%(同9・6ポイント減)で、下げ幅が大きかった。

 厚労省が同日発表した昨年11月末現在の高校生の就職内定率は68・1%で、前年同期を9・9ポイント下回った。こちらも1988年の調査開始以来、下げ幅は最大となった。

小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
未明、和歌山市でコンビニ強盗(産経新聞)
那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円-沖縄県警(時事通信)
<郵政改革法案>素案固まる 郵貯上限引き上げで金融業強化(毎日新聞)
海外任務の能力向上=インド洋給油終結で統幕長(時事通信)
AD