15日午前5時35分ごろ、名古屋市西区枇杷島町の名鉄名古屋本線の庄内川橋梁(きょうりょう)下の県道で、同区に住む自営業の男性(38)が乗用車で通りかかったところ、線路の枕木を固定するための犬くぎが落下してフロントガラスに刺さった。車は衝撃でガードレールに衝突し、男性は左脇腹に軽い打撲を負った。愛知県警西署が落下原因などを調べている。

 同署によると、犬くぎは幅1.7~4センチ、重さ311グラム。長さ13.5センチの胴部分がフロントガラスを突き抜け、平らな頭部で止まった。道路から橋梁までは高さ4.7メートル。男性は自宅に戻る途中だった。【中村かさね】

【関連ニュース】
<直撃事故>エレベーターの解体で2人死亡 重り直撃か--東京・清瀬
<直撃事故>落下:機材が直撃、57歳作業員死亡--東京・板橋の工事現場
<直撃事故>道路標識:突然倒れ自転車の女性直撃、軽傷 東大阪市で
<直撃事故>笠岡工高の砲丸直撃:教諭ら3人書類送検 生徒は家裁へ書類送致 /岡山
<直撃でこんなに被害が>列島直撃台風18号

<癒やしロボ>介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔(毎日新聞)
<与那国町長>陸自部隊配備を要望 防衛相「検討課題」(毎日新聞)
<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)
大人気瀬戸内海の無人島 落札価格は2、3千万円? (J-CASTニュース)
<訃報>小紫芳夫さん82歳=前臓器移植ネットワーク会長(毎日新聞)
AD