民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、金沢市内で記者団に対し、東京地検が小沢一郎幹事長の資金管理団体の事務所などを家宅捜索したことに関し、「必要があれば(辞任するように)言うが、今のところそういう段階ではない。無実だということであれば、国民の皆さんに説明責任を尽くしてもらいたい」と述べ、現時点では同氏が幹事長を辞任する必要はないとの見方を示した。
 一方、渡部氏はこれに先立ち、同市内で講演し、永住外国人に地方参政権を付与する法案の取り扱いについて「政府提出にすると、自民党は反対し、民主党は賛成するが、そういう性質のものではない」と述べ、政府提出法案ではなく議員立法が望ましいとの考えを表明した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

大学生の就職内定73%、2年連続前年下回る(読売新聞)
訪問看護支援事業、「行政の意識が重要」―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
<小沢一郎幹事長>若い男が駆け寄り「辞職しろ」 群馬(毎日新聞)
小沢氏側、聴取応諾を回答=東京地検と調整、週内にも-妻にも要請・規正法違反事件(時事通信)
<元服式>ダム建設で廃村、旧徳山村の伝統…岐阜(毎日新聞)
AD