「語り」によって地元の昔話や文化が受け継がれてきた岩手県遠野市で17日、現代の「語り部」289人が認定された。今年は「遠野物語」発刊100周年。市は記念事業として1000人の育成を目指す。

 専門の講座を受けた市民や、学校の総合学習で学んだ子供たちが「昔話」「郷土芸能」など5分野で試験を受け、それぞれの認定証を受け取った。早くも「伝統文化を伝えたい」と意気込んでいる。

 今後は市内4カ所の空き店舗に開く「語り部スポット」や、JRと計画するツアーなどで活動する。1000人まで増えれば、ラーメン店やタクシー内で「語り」が聞けるようになるかも。【宮崎隆】

<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)
<将棋>王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
陸山会土地取引 石川議員事務所や鹿島など捜索 東京地検(毎日新聞)
外国人参政権法案 小沢氏、政府提出に固執(産経新聞)
AD