JR東海は13日、東海道新幹線の運転士(52)が、免許の条件とされている眼鏡を掛けずに運転を繰り返していたと発表した。同社は関東運輸局に報告するとともに、運転士の乗務を停止した。
 同社によると、この運転士は2008年3月の免許書き替え以降、眼鏡などで視力を矯正することが免許の条件とされたが、昨年3月ごろから乗務中に眼鏡を掛けたことはほとんどなかったという。
 列車の運転免許取得には視力1.0以上が必要だが、運転士の視力は裸眼で右が0.7、左が0.9。運転士は「裸眼でも信号などはきちんと見え、眼鏡を掛けると頭が痛くなったりするので外していた」と話しているという。 

【関連ニュース】
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界
東海道新幹線、終日遅れ=大雪で最大53分-JR東海

10人乗り漁船が不明=五島列島沖の東シナ海-海保(時事通信)
小泉被告に死刑求刑=元厚生次官宅連続襲撃-さいたま地裁(時事通信)
平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)
医療機関の倒産が過去最高を記録(医療介護CBニュース)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)
AD