海上自衛隊によるインド洋での給油活動は、16日午前0時に新テロ対策特別措置法が失効し、終了した。01年の米同時多発テロ以降「テロとの戦い」の一環として行われてきた約8年間の活動が幕を閉じた。

 北沢俊美防衛相は15日午前に撤退命令を出し、現地の部隊指揮官の酒井良・1等海佐とテレビ電話で会談。「国際社会の平和と安定に資する活動をしてきた皆さんは国民の誇り」と労をねぎらった。午後にはインド洋で、海自の護衛艦「いかづち」(乗員約190人)が護衛する中、補給艦「ましゅう」(乗員約150人)がパキスタン艦艇に最後の洋上給油を実施した。

 01年12月から中断を挟んで約8年間の活動中、米英など12カ国に939回、約51万キロリットル(昨年10月末現在で約244億円)を給油した。艦艇延べ73隻、延べ約1万3000人を派遣した。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
北沢防衛相:インド洋撤退命令 給油活動終了
防衛省:友愛ボートに海自輸送艦「おおすみ」検討
海自インド洋給油:きょう撤退 テロ情報共有、困難に 「国益を損なう」防衛省が懸念
海自インド洋給油:延長法案、自民党総務会が了承
海自インド洋給油:防衛相、撤退命令 8年の活動終了

<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」(産経新聞)
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で-総務省(時事通信)
不明漁船の捜索を継続=10人乗り、長崎・五島列島沖で-7管(時事通信)
「小沢氏はきちんと説明を」=議員逮捕に驚く通行人(時事通信)
AD