大阪府羽曳野市の居酒屋で大阪市環境局職員杉浦泰久容疑者(49)=自殺=が発砲した事件について、平松邦夫大阪市長は13日午前、同市役所内で「言葉をなくした。職員が大変な事件を起こし、ご遺族の気持ちを察すると言葉にならない。大変申し訳ない」と話した。
 檜垣洋次環境局長は記者会見し、杉浦容疑者について「ごく普通の職員で、問題なかった。(最近は)特に変わった様子はなかった」とする一方、「(職員などに対し)態度がぶっきらぼうだったと聞いている」と語った。また、猟銃を所持していることを職場の同僚に話していたという。 

【関連ニュース】
杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」
居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか
男女、拳銃で心中か=路上で血流し

<自民党>「小泉チルドレン」小野氏が離党 (毎日新聞)
「面接で着るスーツなくて…」万引き男逮捕(読売新聞)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)
<将棋>初日から激戦突入…王将戦・第1局(毎日新聞)
人気ゲームの「朝鮮海」表記 コーエー変更明言せず不満くすぶる(J-CASTニュース)
AD