アセチレンや窒素などの産業ガスをめぐり、価格カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は19日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、大陽日酸(東京都品川区)などメーカー十数社の立ち入り検査を始めた。

 ほかに立ち入り検査を受けたのは、エア・ウォーター(大阪市中央区)▽岩谷産業(同)▽高圧ガス工業(大阪市北区)▽日本エア・リキード(東京都江東区)など。立ち入り先は本社、支店、営業所など計40カ所に及んでいる。

 関係者によると、各社は遅くとも平成15年以降、数回にわたり、原料の値上がりや原油高に伴うコスト増加を背景に、産業ガスの出荷価格を話し合って決めていた。

 役員クラスの上層部が大枠を決めたうえで、地域ごとに現場担当者が話し合っていたとみられる。

 産業ガスは、食品の酸化防止剤として使われる窒素、溶接、切断などの金属加工に使われるアセチレンガス、鉄鋼、造船業などで使われる酸素などがある。平成20年の産業ガス全体の市場規模は約4900億円。アセチレンガスのシェアトップは高圧ガス工業。窒素は大陽日酸。

 エア・ウォーターは「立ち入り検査は事実。検査には協力します」としている。

【関連記事】
対国際カルテル 公取委、専門部署新設へ
亜鉛メッキ鋼板カルテルで日鉄住金鋼板など3社に罰金 東京地裁判決
エプソン子会社に価格カルテルで罰金24億円
海外企業に初の課徴金 ブラウン管カルテルで公取委方針 
「会合の名前はグルメ会」鋼板カルテル担当に10月~1年求刑

「25%減」を明記=地球温暖化対策基本法案-環境省(時事通信)
【ゆうゆうLife】高年齢雇用継続給付金(産経新聞)
「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家(産経新聞)
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対-日医(医療介護CBニュース)
<リコール>「エクスプローラー」1万3729台(毎日新聞)
AD