東京都の石原慎太郎知事は15日の記者会見で、長崎市が広島市との共同開催を目指していた2020年夏季五輪の招致を断念したことについて、「長崎は財政規模からいってなかなか大変だと思いましたからね」と述べた。その上で、広島市に一部競技を分散させる形での東京招致について、「唯一の被爆国である日本で象徴的な都市を組み込んで五輪が行われたら、(五輪)憲章の理念からいっても大変結構なことじゃないかと思う」と述べ、改めて実現に意欲を示した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
米大統領との対面実現に期待=五輪では長崎との一体感強調
法改正で認定制度見直しへ=原爆症訴訟原告らと初協議
外国と中小支援ファンド=新銀行再建にも有効
二重被爆の山口彊氏死去=非核訴え、国内外で活動

【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論(医療介護CBニュース)
大雪 西日本の広い範囲で予想 12日夜から13日朝に(毎日新聞)
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
消防士長が部下殴る 東京消防庁、停職6カ月 「指示に従わず」(産経新聞)
宮崎市で初雪、九州各地で積雪…空路79便欠航(読売新聞)
AD